TYPO3 4.5 → 6.2 → 7.6 → 8.6 へのアップグレード

TYPO3 6.2系のバージョンのサポートが終了になりました。

ですが、6.2以前の4.5や4.7のバージョンをいまだにお使いの方がいらっしゃると思いますが、4.5については既にサポートが切れてから数年経過しているので、セキュリティ的にも問題があります。

つい昨年には某CMS(日本でも使われている企業や個人の方が多数)では管理画面にログインすることなく、記事を追加されることが容易になっている状況が問題になりました。このような問題を防ぐにはまずはアップデート等しなければなりませんが、TYPO3も同様にアップデートを怠っていると、セキュリティの穴をつかれて改ざんなどの被害にあるリスクが高まってしまいます。

特に4.7以前をお使いの方は至急アップデートを行って下さい。または、弊社にご相談下さい。

 

本日、4.7→8.6へのアップデートができることを確認しました。何年もアップデートされていないエクステンションや、7.6や8.6に対応していないエクステンションが入っていなければ、8.6までのアップデートも可能です。

 

アップグレードの方法は 4.7 → 6.2 → 7.6 → 8.6 の順番にアップグレードを行います。また、バージョン毎のファイルを置き、インストールツールのアップグレードウィザードの指示に従い順に作業を行います。
文字にすればこれだけなのですが、 4.7 → 8.6 までアップグレードするのに、弊社でもほぼ半日を要してしましました。

ルールに基づくカスタマイズ、各バージョンに対応するエクステンションさえあれば、このように古いTYPO3でも最新のバージョンまでアップデートできるのは素晴らしいエコシステムと言えると思います。

ちなみにですが、弊社サイト(このサイト)は3.5というとても古いTYPO3からアップデートを繰り返して使用しています。

参考までに。
各バージョンのログイン画面と管理画面を掲載します。メニューの配置やアイコンの位置などは古いTYPO3とあまり変わらないですが、7.6の辺りからは今風な感じのデザインになっているのかなと思います。